LIFE

スポンサーリンク

 

2017年、いろんな映画やドラマを観たけど、その中でも一番良かったのはLIFE!というファンタジー映画。

2013年の作品だけど、それまでは全然知らなくて、たまたま飛行機の中で見つけて観てみたら面白くて好きになった映画。

 

学生の頃は、時間にも余裕があったし、守られてる安定もあったけど、社会人になったら縛りがなくなった分、責任も増えたし時間の余裕もなくなったし、自然と仕事中心の生活が始まった。

仕事をこなすだけじゃなくて、経験を積んで身につけたいことがたくさんあったし、保育に対する考え方も磨いていきたいって思ってた。

でも実際働いてみると、毎日やるべきことに追われてるように感じて、正直こなすだけで精一杯の日も多くて、やりたいことまでやる時間も気持ちの余裕もない時期があることが分かった。

遊びたくても、やってない仕事があると思いっきり楽しむことはできないし、人間関係で悩むこともたくさんあったし。行きたくなくなることも辞めたくなることもあった。

 

そういう時、学生の頃はちょっと授業も休んで、一日中映画を観て過ごすとかできたんだけど、仕事をそうやって自分の都合で休むことはできないから、つい狭い世界に閉じこもって、暗い気持ちになるっていう悪循環が起きる。

で、実際に行ける時には海外旅行にも国内旅行にも行くんだけど、行けない時もある。

そんな時にこの映画を観ると、新たに行きたい場所もできて目標や楽しみができるし、仕事をするのも悪くないなと思える。日常の中にも幸せは見つけようと思えば溢れてる。

必死になり過ぎて、疲れると見えにくくなるけどね。

それと、旅はやっぱりワクワクするし、何歳になっても新しい発見をできるきっかけが溢れてる素敵なことだと思う。

年をとればとるほど、自分の人格や価値観も確立していって、成長するけど世界が狭くなりやすくもあると思う。だから、旅をして、いろんな場所でいろんな人と出会うことで、日常の中の幸せに気付けたり、大切な人に気持ちを伝える勇気が出たり、自分の大切にしたいことが分かってきたりするんじゃないかな。

私は、疲れた時にはこの映画に限らず、こういうファンタジーの世界に入り込むことで気分転換をしてるところがある。自分の未来をイメージして、自分の世界に入り込んで1時間とか経ってることもある。

そうした時間があることで自分を保ってる部分がたる。

最後に、忙しくてもネットでいつでもどこでも観られる手段があるのは、すごく良い。インターネットと端末の普及で、当たり前になってるけど、数年前には考えられなかった。

現代を生きるのに、生きづらさを感じることもあるけど、現代ならではの楽しみ方も上手に使いながら生きていきたいな。