明日も分からない

スポンサーリンク

 

 8月までは働きだしてまだこんだけかー。

一年って長いな。一年も本当に続けられるかな。

とか考えてたのに、9月も10月も早すぎた。

あっという間に過ぎていって、10月もあと1週間とか。

びっくり。

仕事が忙しかったのもあるし、ドラマを観るのにはまってしまったのもあるし、プライベートで遊びが充実してたのもあって、本当に流れるように毎日が過ぎていった。

それなりに濃い毎日だったけど、細かいことはぱっと思い出せない。必死だったんだと思う。

 

で、2ヶ月、祖父母の家にも行けてなくて、今日電話してみた。

台風心配だねとか高校生の従兄弟とテストの話したり、夜ご飯何だった?とか何でもない話をしてた。

そしたら、たまには時間つくってこっち出ておいでよ。って言われた。

忙しくて、再来週になるかも。って言ったら、じいちゃんが「そんなに先か。こっちは明日も分からんから。」って寂しそうな声で…。

 

自分も含めて明日が保証されている人なんていないんだなって思う。けど、じいちゃんに言われると本当の本当にそうな気がして、ちょっと怖くなった。

もし、明日祖父母に何かあったら、絶対に後悔する。忙しいからってだけの理由で会いに行かなかったことを。

大事な人といつまで一緒にいられるか分からないなら、せめて一緒にいられるうちはその機会と時間を大切にしたい。そう考えてたことすら忘れかけるほど色んなことに気をとられてた。

 

慣れない仕事をして、学生から社会人になるっていう大きな環境の変化の中にいるわけだけど、そういう風に自分が大切にしていきたいって思ってたことを忘れるのは嫌。忘れかけてたことが怖い。

今、やっとそのことに気づけるだけの余裕が少しできたみたいだから、これからまた意識していこう。