言葉

スポンサーリンク

 

面倒くさい

「めんどうくさい」ってとっても便利な言葉ですよね。

 

私も口癖のように言ってたんです。そしたら、ある人から次にめんどくさって言ったら100円ね!と言われました。

何でもめんどくさって言っていることを自覚していなかったので、その時初めて「めんどうくさい」という言葉について考えました。

 

自分はめんどうくさいと発することで現実逃避ができる。嫌だからやらないんだと開き直ることができる。

それは同時に自分が現実逃避ばかりしようとしている人だということ、開き直って反省しずにやる気が見られないということを相手に自分から知らせているようなものでもあるよな。

と考えました。

 

これから使う?使わない?

自分がどうしていきたいか考えた時、めんどうくさいって済ますのは簡単だけど、そうやって楽に過ごしていっても深みがないなーと思いました。同じ人生なら、深みのある時を過ごしたいと思っています。人間として深みを感じる人に近づいていけたらいいな〜と。

 

そして、めんどうくさいという言葉を封印することに決めたんです。はじめは無意識にぽろっと出てしまっていましたが、この4ヶ月間、使ってなかったなーと今日気づきました。

 

今日、4ヶ月ぶりくらいに使ってしまったんです。先輩と話していたのですが、気を抜いていました。

自分でもしまった!と気づき、思わず

「あ!めんどくさいって言っちゃった!」

と声に出して言ってしまいました(笑)

 

口にしてしまったことに変わりはありませんが、自分の中に「めんどくさい」はもう言わないようにしようという意識ができていることを知り、少し嬉しくもありました。

 

無意識を意識的に変える

無意識を変えるためには意識的に変えようとすることが必要だけど、意外と身についていくものなんだなぁと思いました。

意識的に気をつけていたことが、いつの間にか無意識にできるようになっていて、無意識にぽろっと出たときに意識できる…ということに気付き、感心してました。

 

どれだけ幼い子どもであっても、大人の発言をよく聞いています。改めて、自分の発する言葉には気をつけないと。と思いました。

そして、自分が意識的に使う言葉を選ぶことで子どもたちの無意識により良い働きかけをしていけたらいいなと思いました。