ひとり暮らしをしながらも貯金を増やす

スポンサーリンク

 

家を出て、お金のやりくりを自分でするようになって1年8ヶ月。

一番貯金がない時は500円しか翌月に繰越せてなかったなー。バイトに結構入ったつもりでも、授業料やら家賃やらであっという間にとんでいき、食費など最低限必要なものしか買っていないにも関わらず残高500円。 

 

500円しかないと、ヒヤヒヤする。病院にもかかれないし、読みたい本の一冊も買えない。

お金で生活に困っていたと言うよりは、お金がないっていう精神的ストレスで潰れてたという感じ。

シェアハウスではご飯も掃除も洗濯も自分でやらなきゃいけないわけだけど、もう当たり前のことさえも落ち着かないせいでできなかった。

ご飯食べても食べてる感覚ないし、掃除しなくても平気だし、着る服なくても洗濯のことなんて気にならなくて。

その自分が当たり前になってたから、自分は大変な状況にあるのかもしれないって自覚するまでに時間がかかった。

 

でも、どうにかするしかなかったし、どうにかなっていくのを感じながら何とかやって、貯金ができるようになってきた(^^)

 

貯金するためには、毎月の予算を立てて、それを記録していくことが大切だと思う。細かい家計簿とかつけなくても、予算内でやりくりする工夫ができるようになれば、どんどん貯まる。

 

固定収入を得ている人にしか言えないことになるけど。

貯金する時のポイント

毎月固定の支出と変動する支出とを分けて月の目標を立てる。

どうしても削れなかった必要経費はその予算には入れずにメモだけしておく。

自由に使えるお金を多めに予算に入れておく。

ポイントをふまえて、目標を達成できるようにがんばる。 

振り返る。

 

①家賃とか保険料とか毎月かかる額が分かっているものを先に計算しておいて、残りで変動する支出の大体の予算を少し余裕をもたせて立てる。

②病院にかかれば医療費がかかるけど、予測できないこともある。そういう支出を費用として計算すると、予算オーバーになって目標達成できなかったって落ち込むから、別でメモだけしておくようにしてる。笑

③いくら将来のためって貯金しようと思っても、今が楽しくなきゃ続かない。今を楽しむためのお金も大事。前もって少し余裕をもって予算に入れておく。これをケチると、心に余裕なくなって、悪循環だからね。残ったら残ったで、買うの我慢してたものを買ってみたり、貯金に回してみたり。使い道はその月の気分で自分で決めてる。

④⑤目標を達成できると、やっぱり嬉しくてモチベーションに繋がるんだよね。だから、月の終わりに振り返ることが大事。

 

ちなみに私は、給料日を1日目として1ヶ月を区切ってる。あと、1ヶ月の予算を4で割った大体の1週間ごとの予算も意識するようにしてる。そうすることで、今週使ってないから来週はちょっと贅沢をしようとか、今週使い過ぎだから来週は気をつけようとか思えるからね。

 

今の目標貯金額は300万。300万貯めれたら、1回仕事を辞めて外国へ行ってみることを考えるつもり。

行く時は半年から1年かけて行きたいから、今の仕事は辞めないと行けない。

最低でもあと2年はかかるだろうなって感じ。それに、辞めるとしたら年度の変わり目になるから、1年スパンで考えないといけないんだよね。

まだまだ始まったばっかだけど、諦めずにがんばろー。